眠れない時に簡単に眠りにつくことが出来る方法を調べてみた

眠れない時に寝る方法は呼吸法

眠れない時に寝る方法は呼吸法

なかなか眠れない時には自律神経が興奮状態になっている場合があり、ある呼吸法を行うと副交感神経が優位に働き心身ともにリラックスして眠りにつきやすくなります。

その呼吸方法はというと腹式呼吸です。腹式呼吸を行うことで徐々に心拍数が少なくなることや、お腹周りの血行が良くなることで一時的に体温が高まり、そこから少しずつ体温が下がっていくこのタイミングが心地よく入眠できるタイミングなのです。

また、この呼吸法を行う事に意識が集中するため、他の事を考えたりしなくなることも眠りに入りやすくなる理由です。

腹式呼吸の呼吸法は、お腹の上に手を置き、ゆっくりと鼻から息を吸い、今度は細く長く口から息を吐きます。

この時にお腹の上に置いた手でお腹の動きを感じながら行う事が大切です。

眠れない時に寝る方法はストレッチ

眠れない時に寝る方法はストレッチ

眠れない時には副交感神経を優位にしなければなりませんが、その方法として有効なのがストレッチです。

ただし、激しく動くとかえって眠りにくくなりますので、ゆっくりとストレッチすることが大切です。

筋肉を解すように動かすと血液の循環が改善されて体が温まります。体が温まって1時間ほどすると体温が下がり始めて眠くなりますので、寝る1時間前くらいに終わらせておくことが大切です。

行うのはどれも簡単なストレッチです。仰向けに寝て手を上に、足を下に思い切り伸ばしたり、リラックスした体勢で背筋を伸ばして座って首をゆっくりと回したり、仰向けに寝て片膝を抱えて胸に引き寄せた後に足首を回したりするのが有効です。

呼吸をゆっくりと整えながら行うのがコツです。

眠れない時に寝る方法はイメトレ

眠れない時に寝る方法はイメトレ

夜、眠れない時にはイメトレが効果的です。睡眠は量より質が大切です。質のいい睡眠を取るためにはネガティブな考え事をしたまま眠りについてはいけません。

効果的にイメトレをすることで、より良い睡眠がとれるようになります。イメトレの方法としてはまず、トラブルがあっても動じない理想の自分をイメージします。

理想の姿をイメージすることで子心身ともにリラックス出来るのです。自分が成功している姿などを思い浮かべても、ポジティブな気持ちで眠りにつくことが出来ます。

また、眠らないといけないという気持ちがプレッシャーになることもあります。そんな時には眠らなくても構わないと思うことにより、安心して眠りにつくことが出来ます。イメトレをする時には安心感が大事です。